FC2ブログ










『色染のカドルエイク』感想

冬の凍える音を聞きながら、思い出すのは深き秋。
冬コミで入手しました本作『色染のカドルエイク』は秋を舞台にした作品です。
冬なんて苦手だ秋に戻ってくれー、と懇願しながら本作をプレイしていこうと思います。
キャスティングプラネットさんのサイト
キャスティングプラネットbanner




イメージ200

タイトル画面。紅葉が美しいですね。昨年は紅葉を見に行くのを忘れていました(私事)。





物語は夏休みが終わり、二学期になったところから始まります。
主人公である弓月翔は姉が帰ってくるということで喜んでいました。
そして姉と再会し、街を巡ったりするのですが、
姉弟ではなく恋人だと錯覚してしまうほど二人は可愛いです。

イメージ202



それからは大きなイベントがあるわけではありませんが、
主人公の生活にすんなりと女の子達が関わってきます。
等身大というのでしょうか、ハプニングがなくても
イベントを起こして交友を深めていく過程を描けるのはすごいなと。
地の文も情緒溢れているので主人公が詩人に見えるのも一度や二度ではありませんでした。


「一緒に暮らさないか」という話を持ち出されてから話の雰囲気が変わっていき、
紅葉が散っていくような寂しさと切なさに包まれていきます。
女の子達と近寄るのも緩やかで、思いを確認するのも緩やかで。
このままゆったり終わるのかと思ったらまさかあんなことになるなんて……と続きます。



「木の葉の色が変わっていくように、人の心も変わっていく」
そんな主題を込められているような温かい作品でした。


気になるところがあるといえば、モノローグが多くて話が止まりやすくなっているところでしょうか。

互いに惹かれていく過程は納得がいくほど丁寧に描かれているので、
心情重視の方におすすめです。





<以下、ネタバレを含むので反転>
・ひなのルート
 ひなのがあんなことになったあと、翔は最初に「逃避」という行動をとります。
 学校に連れて行ったのも「現状への逃避」=「日常への回帰」によるものではないでしょうか。
 最終的に和解をして、これから一緒に歩いていこうというのが素敵でした。
・紫苑ルート
 紫苑は交流を求めている、と翔は気付き、彼女の気持ちを受け入れます。
 似た境遇というのは互いを慰めあうことが多いと思いますが、
 翔は前向きなので紫苑を励ましていく感じでした。二人ともいい子や……。
 違和感を覚えていき、その違和感の理由がわかったところなんて素晴らしかった……。
・鈴ルート
 このルートで、なぜ翔は姉と父親と離れ離れになったのかという理由が明らかになります。
 親がいなくても子は育つんや。
 親がいなくても強く育とうとする子供達に拍手を送りたい。








スポンサーサイト



[ 2015/02/09 19:33 ] 同人シェアゲーム | TB(0) | CM(0)

『マヨイヒツジの果樹園』感想

みなさまお久しぶりです。
今回はサークルNamaageさんの『マヨイヒツジの果樹園』をプレイしていこうと思います。
Namaageさんのサイト
namaage_banner.png
『マヨイヒツジの果樹園』サイト
strayed_sheep_banner.jpg

本作は体験版のときに絵と設定に惹かれまして、完成を心待ちにしていました。
冬コミで委託販売されるということで購入。
胸を高鳴らせながらスタートです。




イメージ180

タイトル画面。
青い空に白い羊雲。羊がどのようにして本作に関わってくるのか気になります。


まず触りをプレイしてみて、
本作は透明感があり、女の子が可愛いです。
表情もころころ変わるので、画面を見てみて退屈することがありません。
キャラも個性豊かなので見ていて楽しいです。

イメージ181



例えば、主人公である山田一郎の自己紹介を引用すると……。

イメージ183

自虐を交えながらも自分を説明できる人って、あまりいないと思います。
これは稀有な才能に違いない。








イメージ186

「幸福を求めること」が「幸福になれる条件」ではない。
快楽の追求が堕落であることと同様に。
「幸福」はいつだって、人生のスパイスのひとつにすぎない。
どれだけ魅力的であっても、往々にして、人生の方向感覚を狂わせてしまう危険性を孕んでいる。


「幸福は義務」という言葉に、私はパラノイアというTRPGを思い出しました。
パラノイアでは、みんな幸福であるわけではありませんが、幸福でありそうな演技をする。




さて本編ですが。
とあるシーンにより作品の雰囲気が変わっていきます。
想像していなかったできごとに私は言葉を失いました。
それから先にも様々なことが起こります。
……幸せなんかどこにもなかったんや!

主人公の一郎は後悔をするのですが、後悔には慣れているというふりを見せ、
わりといつも通りに過ごします。
キャセロールちゃん天使や……うわあああああああああ。
そして点と点が繋がったとき、学園の全貌が見えてくる――。




プレイ時間は3時間程度でした。
Autoも駆使して早めに文章を読んだため、実際はもう少し長いでしょうか。
丁寧に作られた物語だと思いました。
点と点が繋がる。主人公の人となりも一貫したもので、不快な点はありません。
気になるところがあるとすれば、本作のメインキャラクターは主人公である一郎・キャセロール・マツリです。
それ以外のキャラの謎は明かされないまま終わってしまうこともあり、
また全員の生い立ちや心情を知ることはできません。
恋愛ADVというよりは、主人公の物語を遠くから見ている感じに近いかもしれませんね。
……そういうところこそ妄想で保管しようか。

テーマを深く掘り下げられているので、ハッピーエンド至上主義以外は楽しめると思います。
世界観的には学園という閉鎖空間が舞台なので、好きな方にはおすすめしておきますね。


素敵な時間をありがとうございました。
褒めちぎっているのは、自分がこの作品に求めていた通りのものを得られたからです。

「幸福は義務です」

この言葉に惹かれた方はぜひプレイしてみてはいかがでしょうか。



[ 2015/01/03 20:25 ] 同人シェアゲーム | TB(0) | CM(0)

『迷子のオジサマ 体験版その2』感想

コミティアで入手したゲームをプレイしていく会二回目。
今回はだんだん組さんの『迷子のオジサマ 体験版その2』をプレイしていきます!
秋のコミティアでは体験版その3が出るとか……ウヒョォォォォォ。
自分はオジサマ好きではありませんが、楽しめたら幸せです。
作者様サイト
bn.jpg




イメージ215

タイトル画面。「はじめから」と「つづきから」しかありませんが、これから増えていくでしょう。





イメージ217

誰が話しているのかわからないなど気になる点はありますが、体験版ですしおすし。
現時点で主人公の名前は「相川春奈」であり、大学生のようです。23ならば院生の可能性もあり。
釣り楽しそうですね、釣り。


体験版その2は10分弱で終わりました。
これからどうなっていくのか注目ですね。



オジサマゲーム最近人気が高まっていますし、需要は高そう。




[ 2014/05/10 19:36 ] 同人シェアゲーム | TB(0) | CM(0)

『スノー・ドロップ』体験版感想

コミティアでいただいた体験版です。
確かツイッター経由で作品について知りました。
透明感のある絵にボイスつき。太っ腹。
主人公が大学生ということで自分と重ねてみてしまったり。
主人公イケメンだし、早川っていう男のギャグ顔最高に似合ってるし、女の子可愛い。

作品サイト『スノー・ドロップ




<あらすじ>
境遇は一変してしまった。
晴れ渡る心は憎しみで覆われ、涙の雨が降りしきる。
銃を握り、弾丸が行き交う中で命の攻防を繰り広げて行く。
失敗が許されない舞台で、殺しの術を学び、憎しみを晴らすべく日々を過ごした。
しかし、色々な出会いと別れの中で、憎しみは予期せぬ方向に傾いていく。
(サイトより引用)



イメージ215

タイトル画面。体験版パッケージイラストと同じですね。
ほの暗い雰囲気に救いのなさそうな世界観が描写されていていいと思います!


物語は主人公と少女ユリアが何者かと対決しているシーンから始まります。
撃ち合い。殺し合い。主人公はどうやら好戦的ではないようで、逃げるという選択肢を選びますが……。




イメージ220

時は巻き戻り、主人公がなぜこのような撃ち合いに身を置いているかという説明。
大学生である主人公は親殺しの罪を着せられ逮捕されてしまいます。
もちろん主人公は親を殺してはいません(主人公の語りを見るに精神がおかしくなっているわけでもありません)
謎の女は主人公に「ようこそ、贖罪所へ」と言うのでした。
そうです、主人公は贖罪所に選ばれたのです。

※ここで注意。この作品で描かれている日本は現在のような安全な場所ではありません。
 一般市民が銃を持てる時代です。銃刀法は厳しくなっているようですが、抜け道があるようです。




イメージ221

羽鳥ユリアが主人公の指導係としてつくことに。
「私が小池君のことふるわけないじゃん!」
お、これはこれは……。
ゆったりと日常生活を送っていましたが、二人は狙われており物語の最初の場面に繋がります。




体験版からどう物語が続いていくか気になります。
購入決めたぞ。




<シナリオ>
主人公が銃に対してどう思っているか描写できていた。
コメディ要素は少なくてシリアスより。
時々間に入ってくるユリアや早川との会話が心の清涼剤。
ちょっと気になるのは贖罪所の人達は顔バレについてどう思ってるか、ということですかね。
いつ敵から狙われるのかわからないのはヒヤヒヤものでしょ。


<グラフィック>
綺麗。





[ 2014/05/07 21:51 ] 同人シェアゲーム | TB(0) | CM(0)

『あいのうた』(R18同人乙女ゲーム)感想

同人乙女ゲームサーチで発見。
キャラが麗しい。それにエロ有り。
ということで早速DLsiteにて購入。
作者様サイト『まじっくハウスまじっくハウス


イメージ192

タイトル画面。
ふー、本当に絵が美しい。
ではプレイしていきます!
(有料同人なので極力イベントCGは載せないことにします)



人間と精霊が共存していたのは昔の話。
現代では「おとぎ話」だとほとんどの人が信じていません。
人間が生み出す愛<マナ>がなければ精霊は生きていけないというのに……。


イメージ194

主人公のエレノア。ふわふわしていて可愛いですね。

18歳になったとき、エレノアは自身が精霊であることを知ります。

シオンの高圧的な態度を見ていると、人間が離れていくのもわかるような……。

精霊界に戻るべきか否か。人間界で暮らしてきた記憶がエレノアを引き止めます。
そして精霊界のために何をすべきなのか。




<カイルルート>
元気系な男の子っていいよね!
ということでまずこの人を攻略しに行きます。

カイルは昔精霊に助けられたことがありました。
それゆえ精霊に恩返ししようとしている模様。

二人とも初々しくて( ・∀・) イイネ!
カイルがエレノアを可愛い可愛いって褒めるのいいわぁ。

「めちゃくちゃ可愛くて、見てるとドキドキして胸が痛いのに。傍にいたくてしょうがなくて」
「君が俺のこと頼ってくれるたび、嬉しかった」
「……君が好きだ」
「これからも、俺と一緒にいてほしい」

ただ二人に降りかかるのは、人間と精霊は相容れないということ。
あることでエレノアは化け物と言われてしまいます。
それからはプレイして確認してください(´∀`*)

1キャラ2~3時間ぐらい?



<シオンルート>
精霊界の復興のために尽力しているシオン。
冷たいところも精霊界への愛の表れです。

エレノアはシオンにも愛<マナ>を得てもらうことを思いつきます。
人間の世界を見せ、人間の生活を体験させ……。
少しずつシオンは人間と友好的な関係を築くようになります。

「貴女を愛しております」
「私を、貴女の傍においてください……」

幸せになれてよかったね。



<アルデルート>
アルデルートさんがどんな気持ちなのかは他ルートでお察ししました。頑張って。

エレノアはアルデルートが何か隠し事をしているのではないかと勘ぐります。
そして何度もすれ違ってしまう。

「……兄として、こんなキスが出来ると思うかい?」
「君を、愛しているよ。一人の女性として、心から」

ただエリミラにどう説明すればいいのか、ということが障害となります。
エリミラからしてみれば不倫や泥棒猫って罵りたくなりますもんねぇ。



<総評>
値段ぶんは楽しめたと思います。
恋愛に重きを置いたシナリオに美麗なイラスト。
恋愛恋愛しているので、シリアスな作品が好きという方は合わないかも。
イベントCG約30枚は頑張ったと思います。




[ 2014/04/27 13:22 ] 同人シェアゲーム | TB(0) | CM(0)