FC2ブログ










『色染のカドルエイク』感想

冬の凍える音を聞きながら、思い出すのは深き秋。
冬コミで入手しました本作『色染のカドルエイク』は秋を舞台にした作品です。
冬なんて苦手だ秋に戻ってくれー、と懇願しながら本作をプレイしていこうと思います。
キャスティングプラネットさんのサイト
キャスティングプラネットbanner




イメージ200

タイトル画面。紅葉が美しいですね。昨年は紅葉を見に行くのを忘れていました(私事)。





物語は夏休みが終わり、二学期になったところから始まります。
主人公である弓月翔は姉が帰ってくるということで喜んでいました。
そして姉と再会し、街を巡ったりするのですが、
姉弟ではなく恋人だと錯覚してしまうほど二人は可愛いです。

イメージ202



それからは大きなイベントがあるわけではありませんが、
主人公の生活にすんなりと女の子達が関わってきます。
等身大というのでしょうか、ハプニングがなくても
イベントを起こして交友を深めていく過程を描けるのはすごいなと。
地の文も情緒溢れているので主人公が詩人に見えるのも一度や二度ではありませんでした。


「一緒に暮らさないか」という話を持ち出されてから話の雰囲気が変わっていき、
紅葉が散っていくような寂しさと切なさに包まれていきます。
女の子達と近寄るのも緩やかで、思いを確認するのも緩やかで。
このままゆったり終わるのかと思ったらまさかあんなことになるなんて……と続きます。



「木の葉の色が変わっていくように、人の心も変わっていく」
そんな主題を込められているような温かい作品でした。


気になるところがあるといえば、モノローグが多くて話が止まりやすくなっているところでしょうか。

互いに惹かれていく過程は納得がいくほど丁寧に描かれているので、
心情重視の方におすすめです。





<以下、ネタバレを含むので反転>
・ひなのルート
 ひなのがあんなことになったあと、翔は最初に「逃避」という行動をとります。
 学校に連れて行ったのも「現状への逃避」=「日常への回帰」によるものではないでしょうか。
 最終的に和解をして、これから一緒に歩いていこうというのが素敵でした。
・紫苑ルート
 紫苑は交流を求めている、と翔は気付き、彼女の気持ちを受け入れます。
 似た境遇というのは互いを慰めあうことが多いと思いますが、
 翔は前向きなので紫苑を励ましていく感じでした。二人ともいい子や……。
 違和感を覚えていき、その違和感の理由がわかったところなんて素晴らしかった……。
・鈴ルート
 このルートで、なぜ翔は姉と父親と離れ離れになったのかという理由が明らかになります。
 親がいなくても子は育つんや。
 親がいなくても強く育とうとする子供達に拍手を送りたい。








スポンサーサイト



[ 2015/02/09 19:33 ] 同人シェアゲーム | TB(0) | CM(0)

『マヨイヒツジの果樹園』感想

みなさまお久しぶりです。
今回はサークルNamaageさんの『マヨイヒツジの果樹園』をプレイしていこうと思います。
Namaageさんのサイト
namaage_banner.png
『マヨイヒツジの果樹園』サイト
strayed_sheep_banner.jpg

本作は体験版のときに絵と設定に惹かれまして、完成を心待ちにしていました。
冬コミで委託販売されるということで購入。
胸を高鳴らせながらスタートです。




イメージ180

タイトル画面。
青い空に白い羊雲。羊がどのようにして本作に関わってくるのか気になります。


まず触りをプレイしてみて、
本作は透明感があり、女の子が可愛いです。
表情もころころ変わるので、画面を見てみて退屈することがありません。
キャラも個性豊かなので見ていて楽しいです。

イメージ181



例えば、主人公である山田一郎の自己紹介を引用すると……。

イメージ183

自虐を交えながらも自分を説明できる人って、あまりいないと思います。
これは稀有な才能に違いない。








イメージ186

「幸福を求めること」が「幸福になれる条件」ではない。
快楽の追求が堕落であることと同様に。
「幸福」はいつだって、人生のスパイスのひとつにすぎない。
どれだけ魅力的であっても、往々にして、人生の方向感覚を狂わせてしまう危険性を孕んでいる。


「幸福は義務」という言葉に、私はパラノイアというTRPGを思い出しました。
パラノイアでは、みんな幸福であるわけではありませんが、幸福でありそうな演技をする。




さて本編ですが。
とあるシーンにより作品の雰囲気が変わっていきます。
想像していなかったできごとに私は言葉を失いました。
それから先にも様々なことが起こります。
……幸せなんかどこにもなかったんや!

主人公の一郎は後悔をするのですが、後悔には慣れているというふりを見せ、
わりといつも通りに過ごします。
キャセロールちゃん天使や……うわあああああああああ。
そして点と点が繋がったとき、学園の全貌が見えてくる――。




プレイ時間は3時間程度でした。
Autoも駆使して早めに文章を読んだため、実際はもう少し長いでしょうか。
丁寧に作られた物語だと思いました。
点と点が繋がる。主人公の人となりも一貫したもので、不快な点はありません。
気になるところがあるとすれば、本作のメインキャラクターは主人公である一郎・キャセロール・マツリです。
それ以外のキャラの謎は明かされないまま終わってしまうこともあり、
また全員の生い立ちや心情を知ることはできません。
恋愛ADVというよりは、主人公の物語を遠くから見ている感じに近いかもしれませんね。
……そういうところこそ妄想で保管しようか。

テーマを深く掘り下げられているので、ハッピーエンド至上主義以外は楽しめると思います。
世界観的には学園という閉鎖空間が舞台なので、好きな方にはおすすめしておきますね。


素敵な時間をありがとうございました。
褒めちぎっているのは、自分がこの作品に求めていた通りのものを得られたからです。

「幸福は義務です」

この言葉に惹かれた方はぜひプレイしてみてはいかがでしょうか。



[ 2015/01/03 20:25 ] 同人シェアゲーム | TB(0) | CM(0)

『あの晴れわたる空より高く』体験版1・感想

ロケットを題材にした本作。発売後の評価がよいということで気になりました。
部活+燃えは鉄板ですね~。どんな物語なのかわくわくしながら始めていきます。

青春ロケットADV『あの晴れわたる空より高く』






イメージ016

タイトル画面。ロケットが伸びていくような構図が良いですね。
ワイド画面って高さがなくて窮屈な印象を受けることが多いのですが、今回のこの構図は作品を表していてgoodです。



プロローグはロケット打ち上げの様子。
誰も諦めなかった。諦めなかったので念願のロケット打ち上げまでたどり着けた。
わー青春だ! 青春がここにあるぞ!



イメージ017

お、テキストも面白い。シナリオも期待できそう。



イメージ019

死んでもロケットを打ち上げると語る赤髪の女の子。
翌日学校で彼女と再会し、彼女の熱意にうたれて主人公は入部を決意します。


ほのかちゃん可愛いよー。舌っ足らずでなにこの女の子ってプロローグのときに思っちゃってごめんねー。


船を座礁せずに陸につけるときや理事長との交渉など熱い展開が最初からありますねぇ。



策略を策略で返されるところも、頭脳戦で面白い。
わりと頭ゆるいキャラばっかりの作品も多いですが、それだと現実感なくて結局虚構なんだなと思ってしまう。
(武力において子供が勝るというのは成長という点で良いと思います)
Aと答える人の中にBと答える人がいてもいいと思うんです。
結局主人公が選んだのは正面から口説くという正当法でした。



イメージ029

「お前が俺たちのブレーキになってくれるなら、
 俺たちはお前のアクセルになってやる」
こんなこと言われたら自分も落ちますね~ふはは。



グラフィックに関しては、目が髪の毛の上にあり、前髪で被さるところを消していない
メインヒロイン? である有佐以外のキャラの髪の塗りが拙い
など気になるところはありますがキャラの個性は際立っていますのでシナリオに期待できそうです。

お金があれば買えるのに……(毎回言っている)。

レビューというよりはダラダラ述べるだけの感想ですが、
どこか気になった点がありましたら体験版のプレイをおすすめします。






中古WindowsVista/7/8 DVDソフトあの晴れわたる空より高く







[ 2014/10/25 18:27 ] エロゲー体験版 | TB(0) | CM(0)

『僕が天使になった理由』体験版感想

ベストエロゲーというネット調査を知り、2013年度版にこの作品の名前が上がっていました。
僕が天使になった理由というタイトルから察するに天使が登場し、主人公も天使になるのでしょう。
メイングラフィックの落ち着いた雰囲気と白い天使が好みです。
では体験版をプレイしていきましょう。
僕天応援バナー





イメージ016

タイトル画面には寂しい音楽が流れ、雪が降っています。
この演出素晴らしくて好き。世界観に引き込まれますね。




イメージ018

主人公の司は両親がいないため、奈留子という女の子に生活を見てもらっています。
主人公のボイスがほしかったぞー。
主人公の怠惰ぶりをボイスで表現してほしかったぞー。

作品の一日目が10月15日から始まっているんですがこの文章を書いているのは10月12日……そろそろ冬作品をプレイし始めてもいいかもしれませんね(秋を抜かしただって……? 気にすることじゃないさ)。

愛が信じられない司に、司には恋愛感情を抱いていないという奈留子。
実は本作品の評価を知るためにネタバレを読んだのですが、いい感じの伏線ですよね。
無意味のような会話にいかに伏線を貼れるかがライターの力量だと思っています。バレバレの伏線はつまらないですからね。


早朝に矢なしで素引きしていると、何かを射るような感覚を抱きます。

空から落ちてきたのは白い羽と輪をもつ天使でした。




イメージ024
イメージ026
↑第一話で気に入ったところ。



それから少し進んで。主人公の冷め具合が色々なところに散りばめられていていいですね。
こういう恋なんてするかよという態度をしている人が全力で恋をするところを見たい。

第二話の触りもプレイしてみたのですが、サブキャラがポーンって出てくるので最初は感情移入しづらいです。
お前はこんな悩みを持ってこういう行動がしたかったのか……とキャラの思考の違いは上手く描写できていると思います。






美麗なグラフィックに儚い世界観。
気になる点をあげるとすればセーブとロードが同じ画面にあるってことですかね。
シナリオについても見ているだけのことが多いかな……人を選ぶ作品らしいですからね。
Hシーンもテキストがあっさりしているので物足りなかったです。エロ効果音はテキストでなくSEで描写してください!
吐息がかかったり表情差分が多いのは流石プロって感じです。

お金があったら購入したい作品(そうしてプレイしたい作品がどんどん増える罠)。









[ 2014/10/13 11:20 ] エロゲー体験版 | TB(0) | CM(0)

なないろリンカネーション体験版ver1.2感想

今回は『なないろリンカネーション体験版ver1.2』をプレイしていこうと思います。
普段ならこういう塗りの作品は触れなかったりするのですが、シナリオライターさんを知っていたのでプレイしてみようかと。
今のところ(発売前)の期待度は高いらしいです。これは自分も胸が高鳴ってきます。財布の紐の固さは譲れませんが。
公式サイト→なないろリンカネーション



イメージ006

タイトル画面。キービジュアルということで華やかですね。真ん中の女の子にトキメキを隠せない自分。……ふぅ。



主人公の真は幽霊や妖怪といった「人ではないもの」が見ることができる大学生。
夏の日に祖父から譲り受けた家に来ると、そこには伊予という座敷わらしの姿が。


イメージ011

あー伊予ちゃんめんこいなぁ。

ゲームはカレンダー形式で、文字が改行したときにウェイトが入りますね。
主人公も明るめな性格なのか、ノリよく会話が進みます。

翌日霊探しに街にでると、犬を探しているという少女琴莉と出会います。
彼女の犬は死んでしまったのですが、何かしら琴莉に伝えたいことがあるようで留まっている様子。




イメージ013

「せーっくす! せーっくす!」
この展開は予想できたよ。
桔梗とまぐわり、葵という猫耳娘が生まれたのでした。ちゃんちゃん。

葵の能力によりコタロウの居場所がわかります。
シナリオはいいのですがテキストが軽めなので感動的なシーンが伝わってこないことが難点か。
エロももうちょっとエロければいいなぁ……。
体験版2も出ているようなので、そちらも時間があれば触れてみたいです。



主人公については評価が分かれているようなのですが、不快ではなかったかなと。
体験版の時点では主人公が背負っているものなどは見えてきませんからねぇ。





予約Windows DVDソフトなないろリンカネーション




[ 2014/09/11 08:33 ] エロゲー体験版 | TB(0) | CM(0)